2010年07月28日

コンビニdiary

栄養は体外から取るということが前提となっていて、地上だけでなく海中や深海などの極限環境にも生物は生息していて、その場所に適応して栄養を取り込んでエネルギーにしたり成長したりします。明治時代の日本では駅弁が売られるようになりました。第二次世界大戦後はスーパーなどでも販売され始めました。1980年〜1990年代にかけての日本ではテイクアウトのお弁当販売店やコンビニが台頭し、販売される市販品のお弁当を買う人が増えました。
posted by ともちん at 13:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。